胸部CT撮影による肺のがん検診

バナー

胸部CT撮影による肺のがん検診

がん検診を行う時、肺の検査に利用されるのが胸部CT撮影と呼ばれる検査方法です。

胸部CT撮影と言う検査方法以外にも、胸部X線も有りますが、胸部X線はガンの大きさやガンが発症している場所によっては見つけられない事も有ると言います。



例えば、小さなガン組織や心臓や血管などにあるがん組織は胸部X線では発見が出来ず、症状が進行した時に初めて肺ガンであることが解ると言います。

しかし、症状が進行するまで待っていては、最悪の場合命を落とすことになりますので、がん検診が必須なのです。

また、胸部CT撮影での検査では、小さなガンや心臓や血管などの隠れて見えにくいガンも発見しやすくなります。



胸部CT撮影はX線による検査であり、従来の胸部X線撮影の方法を応用したものです。

胸部をらせん状にX線撮影をすることで、今まで発見しにくかった小さな病変や心臓及び血管などに隠れて見えない部分のガンも発見できるようになっているのです。


尚、肺ガンと言うのは初期段階では自覚症状が無いので、ガンで有ることが解り難いとされています。


痛みや苦しみと言った自覚症状を持っていれば、検査を受けようと考えますが、この自覚症状が無ければそれも行いません。

がん検診に関する疑問を解決いたします。

しかし、自覚症状が無い段階でこそがん検診を受ける事が大切で、肺ガンなどの場合は早期発見をすることでガンにおかされることなく楽しい毎日を送ることが出来るのです。

また、肺ガンは喫煙をしている人、喫煙をしている人が身近にいる人なども発症しやすい病気ですし、過去に喫煙をしていた人も一度検査を受けておくと安心です。